ご利用のメリット

ハウスインスペクションのメリット

ハウスインスペクションとは住宅等の建物が現在どのような状態にあるのかを客観的に把握するための現況検査のことをいいます。
検査項目は国土交通省のガイドラインに準拠しており、以下の項目にわたり主に目視(オプション検査を除く)によった検査が行われます。
また当協会は(株)日本住宅保証検査機構(JIO)の検査事業者となっておりますので、既存住宅かし保証保険の保険加入検査を同時に行うことができます。

外部検査項目
屋根 屋根葺き材の破損や著しい劣化に関する検査
軒裏 雨漏り痕や著しい劣化に関する検査
バルコニー 防水層の亀裂や剥がれなどに関する検査
外壁 外壁の亀裂、剥落、シーリングの破断などに関する検査
基礎(外周部) 基礎の亀裂、沈下などに関する検査
内部検査項目
小屋組 小屋組の構造上問題となるひび割れや欠損などに関する検査
梁の構造上問題となるひび割れや欠損などに関する検査
天井 天井の下地に達するひび割れ、浮き、はらみに関する検査
内壁・柱 柱・壁の傾斜に関する検査。下地材にいたるひび割れなどに関する検査
床の傾斜に関する検査。構造上問題となる仕上げ床材の劣化
土台・床組 床組み部材、仕口、構造金物などの構造上問題となる劣化に関する検査
基礎(内部) 基礎の亀裂、沈下などに関する検査
配管設備 赤水、排水の滞留などに関する検査
オプション検査項目
床下侵入検査 床下における構造上問題となる著しい劣化に関する詳細検査
地盤調査 スウェーデン式サウンディング試験などによる地盤調査
非破壊検査による鉄筋調査 電磁誘導法などによる鉄筋探査
非破壊検査によるコンクリート強度試験 リバウンドハンマー法などによるコンクリート強度試験
設備機器の運転動作試験 設備機器などの運転・作動検査
その他 その他住宅に関する構造上や仕上に関する検査

一般のお客様へ

bg_house

  • 不動産業者による売却査定の前に構造上重要な修理箇所や住宅の性能等を客観的に把握することができるため、必要に応じた対応を事前に行うことができます。
  • 住宅の性能を維持するために必要な工事金額の概算を知ることができます。
  • リフォーム前にリフォームの重点箇所を知ることができます。
  • 中古住宅の購入前に第三者の立場で公正に住宅における構造上の安全性や性能を知ることができます。
  • 既存住宅かし保証保険の加入の適合、不適合を物件の購入前に知ることができます。また保険の加入により不動産購入後の住宅瑕疵による不安を大きく軽減することができます。
  • 住宅ローン減税等の書類について発行手続を行うことができます。(※調査内容により発行できる書類は異なります。また調査結果により発行ができない場合もあります。)
  • 長期優良住宅化リフォームの補助金を検討される場合に、基本調査事項の報告書として活用できます。
  • ご自宅のメンテナンスの時期や概算費用の目安について客観的に把握することができます。

不動産業者様へ

  • 既存住宅状況調査技術者の資格を有するハウスインスペクターが改正宅建業法の「建物状況調査の結果の概要」の作成を行ないます。重要事項説明時の説明資料としてご活用いただけます。
  • 既存住宅状況調査では既存住宅かし保証保険の加入の適合、不適合を判断することができ、保険加入により物件価値を高めることができます
  • 当協会では既存住宅かし保証保険の取扱いを行っています。既存住宅状況調査技術者の資格を有するハウスインスペクターが既存住宅かし保証保険の引受まで一括して取扱いを行ないますので不動産購入者の保険加入希望に迅速に対応することができます。
    (※一部保険の対応を行なっていないハウスインスペクターもおりますので、その際には当協会までお問い合わせ下さい。)
  • インスペクション済み物件として物件価値の向上につながります。
  • 長期優良住宅化リフォーム物件として補助金等の活用をご検討いただけます。