ハウスインスペクター登録概要

ハウスインスペクターの登録を希望される方へ

ハウスインスペクターの資格概要
ハウスインスペクターの資格登録をされた方については以下の業務を行うことができます。

●改正宅地建物取引業法における建物状況調査(インスペクション)を受託すること。
※当協会のハウスインスペクターのうち既存住宅状況調査技術者に限ります。また改正宅地建物取引業法における建物状況調査は告示による資格に基づくものでハウスインスペクターとしての業務を示すものではありません。
●ハウスインスペクターの呼称を用い、当協会の定める基準によるハウスインスペクション(既存住宅現況検査)を受託すること。
●国土交通省 長期優良住宅化リフォーム推進事業補助金の申請に関するインスペクションを行うこと。
●当協会を検査事業者とする既存住宅かし保証保険(保険引受会社 株式会社日本住宅保証検査機構)の引受検査および保険の受付を行うこと。

また、当協会では上記のほかハウスインスペクターの登録をされた方に以下のサポートを行なっています。
●当協会のホームページから貴事務所のホームページにリンクを行い、インスペクション依頼者からの検索利便性を高めます。
●当協会に寄せられたインスペクション依頼についてハウスインスペクター会員事務所のご紹介を行ないます。
●提携検査器機会社による検査機器のレンタルに優遇割引が受けられます。

ハウスインスペクターになるには
・建築士の資格を有する方
当協会の開催する既存住宅状況調査技術者講習会を修了し、ハウスインスペクターの登録手続きをされることが必要です。登録期間は既存住宅状況調査技術者の有効期間と同一でハウスインスペクターの登録料については当面の間無料としています。(登録期間中に請求が発生することはありません。)

・既存住宅状況調査技術者の方(移行期間限定)
当協会のハウスインスペクター登録をお持ちの方で他団体の既存住宅状況調査技術者講習を受けられた方、もしくは他団体に登録されている既存住宅状況調査技術者の方で、ハウスインスペクターの登録を希望される方については期間限定で既存住宅状況調査技術者の修了証明書の写しをご提出頂きハウスインスペクターの登録手続を行います。
ハウスインスペクター登録手続(既存住宅状況調査技術者の方)

・建築施工管理技士一級、建築施工管理技士二級で建築もしくは躯体・仕上げの両方(躯体のみ、仕上げのみの方はご登録いただけません)の資格を保有される方
当協会の開催するハウスインスペクター講習(長期優良住宅化リフォーム推進事業 インスペクター講習)を受講の上、修了考査に合格することが必要です。修了後ハウスインスペクターとして登録いたします。登録期間は2年間です。ハウスインスペクターの有効登録期間満了前に更新講習を受講していただきます。
※現在のところ予定されている講習会はありません。(平成29年6月現在)