よくあるご質問 | Q&A

当協会によくお問い合わせをいただく内容をまとめました。

ハウスインスペクターと既存住宅状況調査技術者の違いは何ですか?

既存住宅状況調査技術者とは、平成30年4月に改正される「宅地建物取引業法における建物状況調査を行う者」について定められた資格です。こちらの資格を取得していただくことで中古住宅等の売買時における宅地建物業者からの建物状況調査(インスペクション)が行なえるようになります。

ハウスインスペクターは住宅の売買等ににかかわらず広く一般の方々からの依頼により、住宅の構造、雨漏り、漏水や耐震性能といった基本的な状態をインスペクションする者です。

当協会ではインスペクションを一般の方々に身近に利用していただきやすいよう、分かりやすい名称と基準を定め当協会に登録いただいた方にライセンスを発行しています。

Back to Index

他の既存住宅状況調査技術者講習団体と何が違うのですか?

既存住宅状況調査技術者の資格を取得する点は他の講習団体と同じですが、当協会の既存住宅状況調査技術者講習を受講していただいた方はそれ以外に次の資格の取得ならびに取扱いができるようになります。

●ハウスインスペクターのライセンスの取得
ハウスインスペクターの称号を用いて建物のインスペクションを行なうことが可能になります。

●既存住宅かし保証保険の取扱いが可能
既存住宅かし保証保険の検査事業者の登録を行わずに、当協会の登録と同時に既存住宅かし保証保険の取扱いが可能になります。

 既存住宅状況調査重要事項説明資料の作成既存住宅かし保証保険
当協会(AJHIA)登録の方
検査事業者登録不要
他講習団体登録の方検査事業者登録が必要

Back to Index

なぜ既存住宅かし保証保険の取扱いが必要なのですか。

今回の既存住宅状況調査技術者制度は既存住宅状況調査の調査基準を既存住宅かし保証保険の保険検査と同等のものとして位置づけ、中古住宅の購入希望者等が、購入前の調査により建物の現状を把握し、万が一購入後に建物について瑕疵が発見された際には保険の保証が受けられるように制度化されたものです。

既存住宅状況調査は宅地建物取引業者のあっせんにより、中古住宅の購入希望者の方などからの依頼に基づいて行なわれる建物インスペクションであるため、実務として既存住宅状況調査を考えた場合、宅地建物取引業者は中古住宅の購入希望者のインスペクション費用が保険検査費用と重複しないよう、依頼者の負担を考慮してインスペクションのあっせんを行なうものと考えられ、既存住宅状況調査の調査者の選定にあたっては調査後の既存住宅かし保証保険の取扱いが可能かどうかは、重要な業者選定基準になるものと思われます。

インスペクションの依頼者の中には既存住宅かし保証保険の加入を前提としたインスペクションを希望される方が相当数おられるものと考えられ、当協会では既存住宅状況調査業務にあたり、既存住宅かし保証保険の取扱いは業務上大変重要なものだと考えています。

Back to Index

インスペクション物件の紹介はしてもらえるのですか。

当協会に寄せられるインスペクション依頼のご相談には、当協会で依頼者から物件概要と希望調査内容をうかがった後、物件所在地近隣のハウスインスペクターの方に調査の意向確認を行った上で調査依頼者に調査者の推薦を行なっています。

推薦にあたり当協会では手数料、斡旋料など名目にかかわらず一切の金員を受領しておりませんが、調査業務委託契約が成立した際にはコンプライアンス確保のため業務委託契約書の写しを協会にご提出いただいております。また、インスペクション技術向上のため、調査物件に瑕疵が発見された際には当該瑕疵情報についてご提供のお願いをしております。

Back to Index

ハウスインスペクターに登録するのにはお金がかかりますか?

当協会で既存住宅状況調査技術者講習を受講された方は、ハウスインスペクターの登録について一切ご負担はありません。

Back to Index

すでに他の既存住宅状況調査技術者講習を受けてしまいましたがハウスインスペクターに登録できますか?

当協会では既存住宅状況調査技術者制度の周知期間として、当面の間すでに他の既存住宅状況調査技術者講習を受講された方を対象にハウスインスペクターの登録を受付けております。

詳しくはハウスインスペクター登録 (既存住宅状況調査技術者の方)をご覧ください。

Back to Index