検査事業者登録とは

既存住宅かし保証保険の加入を受付けるためには、住宅瑕疵担保責任保険法人に検査事業者の登録をすることが必要です。

既存住宅かし保証保険は中古住宅を購入された方が、住宅の構造や雨漏りなどの不安をなくすため検査事業者が(購入する住宅の)調査を行い、万一調査の際に分からなかった欠陥(瑕疵)があった場合には、その検査事業者が欠陥の修理を行なうことを買主(又は売主)に保証するものです。

そのため、既存住宅かし保証保険の被保険者は、住宅瑕疵担保責任保険法人に検査事業者の登録を行った検査事業者となります。

保険法人・検査事業者・買主又は売主の関係(イメージ)

※住宅瑕疵担保保険協会HPより

建物のインスペクションや既存住宅かし保証保険の依頼を受けてから保険証券を発行するまでのおよその流れは以下のようになります。

 

平成30年の4月に施行される改正宅建業法では、中古住宅の売買の際に行なわれる建物インスペクションは、従来の保険加入に際して行なわれていた現場検査と同様の調査として行なうものとして位置づけされました。

このため、建物インスペクションの依頼には既存住宅かし保証保険の取扱いについての要望が増加するものと予想されますが、中古住宅の流通量が限られる中で検査事業者登録には登録料と更新料が必要になるため、当協会では既存住宅状況調査技術者の皆様方が依頼者の要望に応じて迅速に既存住宅かし保証保険の取扱いを行なえるように体制を整え、あわせて当協会の検査員として保険の加入検査にあたり所定の検査料をお支払いさせていただけるようにいたしました。

これにより、当協会の既存住宅状況調査技術者講習を受けられ、ハウスインスペクターのご登録をいただいた方には既存住宅状況調査技術者の登録の日から既存住宅かし保証保険の取扱いが可能となり、また当協会の検査員として検査料の受け取りが可能となります。

当協会では既存住宅状況調査技術者の講習会の開催にとどまらず、ご登録いただいたハウスインスペクターの皆さま方の業務サポート体制を整え、建物インスペクションの普及に努めています。

 

【既存住宅かし保証保険料金表/検査・引受事務支払手数料表】

既存住宅かし保証保険保険料 検査事業者検査料金込み  準備中
既存住宅かし保証保険 検査・引受事務手数料表(既存住宅状況調査技術者の方)  準備中

※PDFファイルはパスワードで保護されています。パスワードは以下のフォームに必要事項をご記入の上ご請求ください。なおパスワードのご請求は建築士事務所登録のある方、又は建築士事務所に所属されている方に限らせていただきます。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須) ※携帯会社のドメイン指定等は解除をお願いします。

メールアドレス (確認)

お問い合わせ内容 (必須)

建築士事務所名称(必須)
建築士事務所名称フリガナ(必須)
郵便番号(必須) ※半角英数字、「-」を付けずに入力してください
建築士事務所所在地(必須)

その他のお問合せ