既存住宅状況調査技術者講習のご案内

既存住宅状況調査技術者 | 新規講習 移行講習 のご案内

image_03

image_03

image_04

001

改正宅建業法の建物状況調査に対応

平成30年4月に施行される改正宅建業法において重要事項説明の対象となる既存住宅状況調査技術者講習です。

既存住宅かし保証保険に即日対応

 既存住宅状況調査重要事項説明資料の作成既存住宅かし保証保険
当協会(AJHIA)登録の方
検査事業者登録不要
他講習団体登録の方検査事業者登録が必要

当協会の既存住宅状況調査技術者となったその日から既存住宅かし保証保険の引受が可能となります。

㈱日本住宅保障検査機構の既存住宅かし保証保険(個人間用)について当協会を検査事業体とした既存住宅かし保証保険の取扱いが可能です。

当協会の既存住宅かし保証保険取扱い時には当協会から所定の検査費用等をお支払いたします。
(※当協会を検査事業者とする検査費用及びJIO書類審査作成にかかる手数料)

検査事業者の登録を行なわずに既存住宅かし保証保険が取扱い可能となる既存住宅状況調査講習会は当協会だけです。(平成29年度6月1日現在)

 

ハウスインスペクターとしてインスペクションが可能

ハウスインスペクターとしてリフォーム工事着工前などにおけるインスペクションが可能です。

ハウスインスペクターは当協会が独占ライセンス契約に基づき使用する登録商標となっていますので資格のオリジナリティーが保たれています。

 

検査器機レンタルの優遇

既存住宅状況調査では鉄筋探査などを行なわなければならないとされている規程が有ります。

鉄筋探査機器が必要な際は当協会の提携検査器機会社による機材のレンタルに優遇割引が受けられます。

 

HPリンク・PRツールの提供

当協会ではハウスインスペクターの方へ当協会ホームページからリンクサービスを行っています。

既存住宅状況調査は宅地建物取引業者の建物インスペクションのあっせんから依頼が発生します。

当協会では登録された既存住宅状況調査技術者の方に当協会オリジナルのチラシ・パンフレットなどを提供し、宅地建物取引業者のみなさまへのPRをサポートします。


 

image_101

すべての建築士(一級、二級、木造)であって、以下の条件のいずれか、または両方に該当する方が対象です。

・当協会のハウスインスペクター登録をお持ちの方

・国土交通省 長期優良住宅化リフォーム推進事業におけるインペクター講習団体に現在登録されている方
(下記団体参照)

image_taisyou

※施工管理技士の資格による登録の方は対象外となります。

※建築士事務所登録の有無は問いませんが、宅地建物取引業法における建物状況調査業務を行うにあたっては建築士事務所登録が必要となります。


 

image_102

すべての建築士(一級、二級、木造)の方が対象です。

※建築士事務所登録の有無は問いませんが、宅地建物取引業法における建物状況調査業務を行うにあたっては建築士事務所登録が必要となります。