既存住宅状況調査技術者講習会のご案内

既存住宅状況調査技術者講習

既存住宅状況調査技術者講習会のご案内

(一社)全日本ハウスインスペクター協会は国土交通省 既存住宅状況調査技術者講習団体として、既存住宅状況調査技術者講習会を行なっています。

当協会では改正宅地建物取引業法の建物状況調査の実施に際し、既存住宅状況調査技術者が実務に確実に対応できるよう、「建物の区分による調査範囲の違い」、「建物の構造による調査方法の違い」、「既存住宅かし保険の検査における調査範囲および劣化事象の判断基準の相違」などの解説を詳細に行い、建物状況調査の受託から調査報告書の作成、調査依頼者における既存住宅かし保険の希望への対応まで、既存住宅状況調査の実務において必要となる内容について細かく解説しています。

また当協会の「既存住宅状況調査技術者講習」では国土交通省告示における調査範囲と既存住宅かし保証保険の検査範囲の双方を解説するとともに、各調査部位ごとの「告示」と「保険検査」の判断基準についても解説を行なっていますので、本講習会を修了された方は「既存住宅状況調査」と「既存住宅かし保証保険の検査」の両方を現場で同時に行なってくることが可能となります。

さらに当協会の講習会を修了し、登録を受けられた方については既存住宅状況調査技術者の登録と同時に「ハウスインスペクター」の登録を行い、「建物状況調査マッチングサイト」による調査業務の成約支援、既存住宅状況調査の技術相談、調査機器のレンタルサポートのほか、既存住宅売買かし保険の引受サポートなど、既存住宅状況調査技術者の皆さまにさまざまな実務支援を行なっています。


既存住宅状況調査技術者講習会 (新規講習)

image_102

すべての建築士(一級、二級、木造)の方が対象です。

※建築士事務所登録の有無は問いませんが、宅地建物取引業法における建物状況調査業務を行うにあたっては建築士事務所登録が必要となります。




既存住宅かし保険に即日対応

 既存住宅状況調査重要事項説明資料の作成既存住宅かし保証保険
当協会(AJHIA)登録の方当協会の検査事業者登録を利用することで
自ら検査事業者登録をしなくても保険の取扱いが可能
他講習団体登録の方保険の取扱いには、自ら瑕疵担保保険責任保険法人に検査事業者登録が必要

既存住宅状況調査の制度創出の背景には「既存住宅の調査による安心」と「万が一の際の保険による安心」を「既存住宅の住宅の購入を検討している方」に提供する目的があります。

当協会では、当協会の既存住宅状況調査技術者講習を受講された皆さまに、制度の趣旨を実務に活用していただくため、皆さまが既存住宅瑕疵保険の検査事業者登録をすることなく、すみやかに既存住宅かし保険の取扱いができるよう保険取扱いの便宜をご提供しています。

また当協会の既存住宅かし保証保険取扱い時には当協会から所定の検査業務費をお支払いします。
(※当協会を検査事業者とする検査業務費及びJIO書類審査作成にかかる手数料)

既存住宅状況調査講習団体のうち検査事業者の登録を行なわずに既存住宅かし保証保険が取扱い可能となる既存住宅状況調査講習団体は当協会のみです。(平成29年度6月1日現在)

 

建物状況調査マッチングサイトによる調査業務の成約支援

当協会では、当協会で既存住宅状況調査として登録されている、皆さまの調査業務成約を支援するため、建物状況調査の依頼を検討している、宅建業者、売主、買主などの皆さまと、調査の受託を希望する既存住宅状況調査技術者の皆さまの調査業務成約を支援するため、依頼者と技術者のマッチングサイトの運用を行なっています。

当協会で既存住宅状況調査技術者として登録された方で、建築士事務所に所属されている方は、ご希望に応じて建物状況調査マッチングサイトの調査事業所登録として無料で登録を行っています。

 

ハウスインスペクターである既存住宅状況調査技術者として改正宅建業法の調査が可能

平成30年4月に施行される改正宅建業法において、中古住宅の媒介依頼者の意向に応じて行なうインスペクションには国土交通省の告示に基づく既存住宅状況調査技術者の資格が必要となりました。本講習会を修了された方は既存住宅状況調査技術者として改正宅地建物取引業法における建物状況調査(中古住宅の媒介依頼者の意向に応じて行なうインスペクション)を行なうことができます。

当協会の既存住宅状況調査技術者講習においては既存住宅状況調査の調査範囲と既存住宅瑕疵保険における現場検査の検査範囲について両方を習得することができ、実務においても既存住宅瑕疵保険の取扱いが可能となっていますので「ハウスインスペクターである既存住宅状況調査技術者」として依頼者に訴求することが可能です。

その他、ハウスインスペクターは当協会が独占ライセンス契約に基づき使用する登録商標となっていますので、当協会の既存住宅状況調査技術者講習を修了することで、リフォーム工事などにおける工事前の現況検査に「ハウスインスペクター」としてインスペクションすることが可能となります。(ハウスインスペクターは当協会でのみ取得可能な資格です。)

 

長期優良住宅化リフォーム推進事業の現況検査報告書の作成に対応

既存住宅状況調査技術者の資格創設にともない、建築士が長期優良住宅化リフォーム推進事業における現況検査報告書を作成するには、原則として既存住宅状況調査技術者であることが要件となりました。

そのため、当協会の既存住宅状況調査技術者講習会では「建物状況調査」の結果をうけて、リフォーム工事等を検討している不動産の購入者等に、長期優良住宅化リフォーム推進事業の補助金申請が容易に行なえるよう、既存インスペクション・ガイドラインによる長期優良住宅化リフォーム推進事業の現況検査報告書の作成について、既存住宅状況調査技術者講習と併せて講習を行なっています。

改正宅建業法の建物状況調査から既存住宅かし保険、長期優良住宅化リフォーム補助金の現況検査まで、既存住宅に関する一連の対応が可能となります。

 

検査器機レンタルの優遇・PRツールの提供など豊富なメリット

当協会ではハウスインスペクターの業務サポートのため、既存住宅状況調査における鉄筋探査機の優遇貸し出し、既存住宅状況調査の宅地建物取引業者様向けのパンフレットの提供、業務周知用のためのHPへのリンクなどさまざまなサービスを提供しています。
パンフレット


既存住宅状況調査技術者講習会 開催スケジュール

日  程受付時間都道府県 会  場  名場所
2019年5月14日(火)9:10東京都東京都中央区銀座2-10-18 
中小企業会館 講堂
2019年5月15日(水)9:10大阪府大阪府大阪府西区靭本町1-8-4
大阪科学技術センター 600号室
2019年6月18日(火)9:45名古屋名古屋市中区丸の内 アレックスビル会議室
2019年6月19日(水)9:10香川県香川県高松市寿町2丁目4−20
高松センタービル会議室 205会議室
2019年6月20日(木)9:10福岡県福岡県福岡市博多区博多駅東1-1-33
リファレンスはかた近代ビル 106会議室
2019年7月9日(火)9:10東京都東京都中央区銀座2-10-18 
中小企業会館
※横浜会場から東京会場に変更となりました。
2019年7月10日(水)9:10大阪府大阪府大阪府西区靭本町1-8-4
大阪科学技術センター 702号室
2019年9月10日(火)9:10東京都東京都中央区銀座2-10-18 
中小企業会館 講堂
2019年9月11日(水)9:10宮城県宮城県仙台市青葉区春日町2-1
せんだいメディアテーク
2019年10月8日(火)9:10新潟県新潟市中央区鐘木185-18 
新潟テルサ(新潟勤労者総合福祉センター) 研修室
2019年10月9日(水)9:10北海道北海道札幌市中央区北4条西4丁目1
札幌国際ビル A会議室
2019年11月12日(火)9:45愛知県名古屋市中区丸の内 アレックスビル会議室
2019年11月13日(水)9:10岡山県岡山県岡山市北区駅元町14番1号
岡山コンベンションセンター 
2019年11月20日(水)9:10東京都東京都中央区銀座2-10-18 
中小企業会館 C会議室

※2019年度の既存住宅状況調査技術者講習会はすべて新規講習のカリキュラムによって行われます。