建物状況調査の結果の概要 記載方法についてのお知らせ

建物状況調査の結果の概要(重要事項説明用・調査報告書用)について、「調査対象部位がない場合」と「調査対象とはなるものの依頼者の同意が得られない場合」の記載について以下の通りの記載方法といたしますので建物状況調査の結果の概要の作成にあたってはご留意いただきますようお願い致します。

●調査対象がない部位(構造種別等により調査対象でない場合を含む)・・・二重線で対象部位を抹消してください。
→小規模住宅におけるコンクリート圧縮強度、住戸型調査において長期修繕計画を有する屋根(共用部分)などが該当となります。

●依頼者の同意がなく調査していない・・・「不実施」と記載してください。
→木造小規模住宅において基礎に劣化事象があった場合の鉄筋調査などで、依頼者の同意が得られなかった場合などが該当します。

結果の概要記載例(木造・鉄骨造)のサムネイル