既存住宅状況調査技術者講習会のご案内

選べば実務重視!調査を行う全ての建築士のために改正宅地建物取引業法に対応した既存住宅状況調査技術者講習 選べば実務重視!調査を行う全ての建築士のために改正宅地建物取引業法に対応した既存住宅状況調査技術者講習
  • 当協会の講習の特徴

    建築士のみに認められた業務である「建物状況調査」の技術を国土交通省のカリキュラムに加え、実務で求められる知識を厳選して習得

    ☑️調査部位と調査範囲がよく分かる
    ☑️調査契約時の注意点や見積り時の注意点がよく分かる
    ☑️調査依頼者とのトラブルを未然に防止

    長期化リフォーム推進事業補助金におけるチェックシートの記入方法を詳細解説

    ☑️長期優良住宅化リフォーム推進事業の現況検査の報告書記載方法も個別解説
    ☑️正確な報告書の記載が可能となり補助金申請も安心

    ハウスインスペクター講習で調査の幅と実務の幅が広がります

    ☑️既存住宅状況調査における一次インスペクションに付随する実務の習得
    ☑️リフォームにおける二次インスペクションを解説
    ☑️既存インスペクションガイドラインにおける性能向上インスペクションを理解

  • 当協会ならではの
    実務サポート

    既存住宅状況調査技術者のみが保有することのできるハウスインスペクターを取得

    ☑️ハウスインスペクターとして高い調査技術と信頼性を消費者にアピール

    既存住宅状況調査の結果を用いた既存住宅売買かし保険の加入受付が可能

    ☑️売買かし保険の受付環境を当協会独自に提供。保険調査を希望する調 査依頼者を逃しません
    ※既存住宅売買かし保険の調査を行うためには、既存住宅売買かし保険の検査事業者に所属、もしくは同保険の検査事業者から委託を受けた既存住宅状況調査技術者であることが必要です。

    実務で必要になる非破壊調査サポート

    ☑️鉄筋探査やコンクリート圧縮の機材レンタルサービス
    ☑️非破壊調査の協力会社を紹介

    建物マッチングサイトによる調査業務成約支援

    ☑️登録料・利用料無料でマッチングサイトの調査事業所登録が可能
    ☑️建物状況調査リクエストを登録調査事業所に無料で配信

ご受講者様の声

  • 質の高い講習
    国交省カリキュラム
    +ハウスインスペクター講習

    ・調査の仕事は経験が無かったのですが、どの場合に何の調査が必要になるのか詳しく解説を受けていたので、安心して調査を行うことができました。(建築士事務所 男性)

    ・ハウスインスペクターの資格取得とオンラインで全国均一レベルの講習を受けることができるので、こちらの協会での受講を推奨しています。(ビルダー人事 女性

  • 実務に強い
    売買かし保険
    +長期優良住宅化
    リフォーム補助金

    ・お客様にかし保険の質問をされて困りましたが、こちらの協会で保険の受付をしてもらえたので良かったです。(工務店 男性)

    ・長期優良住宅化リフォーム補助金のチェックシートの記載方法など丁寧に解説してくれているので問題なく申請ができました。(リフォーム系ビルダー 男性)

    ・リフォームの際、ハウスインスペクターとして住宅のインスペクションをしています。劣化事象の説明をすると追加で工事をいただくことが多く、売り上げにつながっています。(ビルダー 男性)

  • サポート万全
    非破壊検査サポート
    +マッチングサイト

    ・鉄筋探査やコンクリート圧縮強度試験など経験がなく心配でしたが、いろいろサポートが受けられるので安心して調査業務をおこなっています(建築士事務所 女性)

    ・マッチングサイトを活用して調査業務を受注しています。利用料がかからないので良いです。(建築士事務所 男性)

ハウスインスペクターは一般の方々にも高い評価を頂いています

不動産屋さんに紹介された調査の方は、かし保険の受付ができないと言われ、保険を諦めていましたが、ハウスインスペクターさんに相談したら保険の加入まで全て行ってくださいました。大きな買い物でしたので保険に入れて本当に良かったです。(60代 男性)

どこに調査を依頼すればいいのか分からなくて困っていましたが、いつもハウスインスペクターさんにお願いするとこちらの要望にあった調査をしてくれるので助かっています。(管理会社 女性)

受講対象

すべての建築士(一級、二級、木造)の方が対象です。

※施工管理技士の資格による登録の方は対象外となります。

※建築士事務所登録の有無は問いませんが、宅地建物取引業法における建物状況調査業務を行うにあたっては建築士事務所登録が必要となります。

 

講習会受講料

受講料

22,000円(税込み)

講習内容

国土交通省カリキュラム

既存住宅状況調査の概要等 不動産流通市場の現状と国の取組状況
既存住宅状況調査技術者の役割
既存住宅状況調査の概要
宅建業法の改正について
公正な業務実施のための遵守事項
既存住宅状況調査技術者情報の開示
既存住宅状況調査の手順
既存住宅売買時における調査結果の活用
120分
既存住宅状況調査の技術的基準等 既存住宅状況調査方法基準とその詳細
既存住宅状況調査に付随する非破壊検査その他の調査
調査報告書の記入
住宅の瑕疵の事例
既存住宅かし保険について
検査機器に関する説明
165分
質疑応答 質疑応答 15分
修了考査 修了考査 50分
※カリキュラム中、実務で必要となる部分を重点的に扱っています。

ハウスインスペクター講習(独自カリキュラム)

ハウスインスペクター制度の概要 住宅ストックの現況
リフォーム市場の動向
住宅インスペクションの概要
リフォーム紛争の現状
ハウスインスペクターの役割 二次インスペクション・性能向上インスペクションの概要
二次インスペクション・性能向上インスペクションの手順
50分
既存住宅売買かし保険の実務 既存住宅売買かし保険のしくみ
既存住宅売買かし保険の保険検査
現況検査報告書の記載方法と留意点
現況検査報告書に添付する写真
保険引き受けを行う際の手順と留意事項
50分
長期優良住宅化リフォーム推進事業補助金 現況検査の実務 長期優良住宅化リフォーム推進事業とは
補助金概要
インスペクションを実施する者に関する留意事項
インスペクションの実施方法に関する留意事項
現況検査報告書の記載方法と留意事項
45分
※ハウインスペクター講習は講習動画の視聴のみとなります。

講習日程

会場講習

現在予定されている会場講習はありません。

オンライン講習

日  程受付開始都道府県 会  場  名場所定員受付状況申込み
2021年10月13日(水)10:00全国オンライン講習(本部事務局)---45名締切
2021年11月17日(水)10:00全国オンライン講習(本部事務局)---45名締切
2021年12月8日(水)10:00全国オンライン講習(本部事務局)---45名締切
2022年1月19日(水)10:00全国オンライン講習(本部事務局)---45名受付中
2022年2月2日(水)10:00全国オンライン講習(本部事務局)---45名受付中
2022年3月2日(水)10:00全国オンライン講習(本部事務局)---45名受付中

※オンライン講習会における受付時間の記述は講習動画の視聴後に行われる、インターネットライブ講習(修了考査を含む)の受付時間を表記しています。

※インターネットライブ講習の所要時間は約2時間です。

※オンライン講習における講習テキスト等は各講習会の締切日(各講習会開催日の2週間前)後に受講者のご自宅宛てに発送いたします。

必ず受取可能な住所の記入をお願いいたします。(運転免許証などと住所が異なる場合はその旨をメッセージ欄にご記入ください。)

※キャンセル及び受講日の変更についてはこちらをご確認ください。

受講対象

すべての既存住宅状況調査技術者の方が対象です。

※他の既存住宅状況調査技術者講習団体で資格を取得された方であってもご受講は可能です。

※受講日において現に有効な既存住宅状況調査技術者修了証明書をお持ちの方に限ります。

受講日に既存住宅状況調査技術者を失効されている方は新規講習をご受講ください。

※建築士事務所登録の有無は問いませんが、宅地建物取引業法における建物状況調査業務を行うにあたっては建築士事務所登録が必要となります。

講習会受講料

受講料

16,500円(税込み)

講習内容

国土交通省カリキュラム

既存住宅状況調査の概要等 建物状況調査の実施状況
民法改正にかかる契約不適合と建物状況調査
既存住宅状況調査の概要
公正な業務実施のための遵守事項
既存住宅状況調査技術者情報の開示
既存住宅状況調査の手順
既存住宅売買かし保険について
60分
既存住宅状況調査の技術的基準等 既存住宅状況調査方法基準の概要
既存住宅状況調査に付随する非破壊検査その他の調査
調査報告書の記入
既存住宅状況調査の実施事例
50分
質疑応答 質疑応答 10分
修了考査 修了考査 40分
※カリキュラム中、実務で必要となる部分を重点的に扱っています。

ハウスインスペクター講習(独自カリキュラム)

ハウスインスペクター制度の概要 住宅ストックの現況
リフォーム市場の動向
住宅インスペクションの概要
リフォーム紛争の現状
ハウスインスペクターの役割
二次インスペクション・性能向上インスペクションの概要
二次インスペクション・性能向上インスペクションの手順
50分
既存住宅売買かし保険の実務 既存住宅売買かし保険のしくみ
既存住宅売買かし保険の保険検査
現況検査報告書の記載方法と留意点
現況検査報告書に添付する写真
保険引き受けを行う際の手順と留意事項
50分
長期優良住宅化リフォーム推進事業補助金 現況検査の実務 長期優良住宅化リフォーム推進事業とは
補助金概要
インスペクションを実施する者に関する留意事項
インスペクションの実施方法に関する留意事項
現況検査報告書の記載方法と留意事項
45分
※ハウインスペクター講習は講習動画の視聴のみとなります。

講習日程

会場講習

日  程受付開始都道府県 会  場  名場所定員受付状況申込み
2022年2月24日(木)9:30東京都中小企業会館 講堂【午前】東京都中央区銀座2-10-1845名受付中
2022年2月24日(木)13:15東京都中小企業会館 講堂【午後】東京都中央区銀座2-10-1845名受付中

オンライン講習

日  程受付開始都道府県 会  場  名場所定員受付状況申込み
2021年10月13日(水)13:00 , 15:45全国オンライン講習(本部事務局)【午後】---45名締切
2021年11月17日(水)13:00 , 15:45全国オンライン講習(本部事務局)【午後】---45名締切
2021年12月8日(水)13:00 , 15:45全国オンライン講習(本部事務局)【午後】---45名締切
2022年1月19日(水)13:00 , 15:45全国オンライン講習(本部事務局)【午後】---45名受付中
2022年2月2日(水)13:00 , 15:45全国オンライン講習(本部事務局)【午後】---45名受付中
2022年2月16日(水)10:00 全国オンライン講習(本部事務局)【午前】---45名受付中
2022年2月16日(水)13:00 , 15:45全国オンライン講習(本部事務局)【午後】---45名受付中
2022年3月2日(水)13:00 , 15:45全国オンライン講習(本部事務局)【午後】---45名受付中
2022年3月16日(水)10:00 全国オンライン講習(本部事務局)【午前】---45名受付中
2022年3月16日(水)13:00 , 15:45全国オンライン講習(本部事務局)【午後】---45名受付中

※オンライン講習における講習テキスト等は各講習会の締切日(各講習会開催日の2週間前)後に受講者のご自宅宛てに発送いたします。

必ず受取可能な住所の記入をお願いいたします。(運転免許証などと住所が異なる場合はその旨をメッセージ欄にご記入ください。)

※オンライン講習会における受付時間の記述は講習動画の視聴後に行われる、インターネットライブ講習(修了考査を含む)の受付時間を表記しています。

※講習会の受付時間は選択できません。(各日程とも13:00の部が定員に達し次第、次の時間帯の受付を行います。ご受講いただく講習会の受付開始時間は受講票に記載されます。お間違いの無いよう指定された日時の講習会をご受講ください。)

※インターネットライブ講習の所要時間は約2時間です。

※更新講習をご受講される場合、年度末でのご受講は修了証明書が年度内にお手元に届かない恐れがあります。

その場合、令和4年4月1日からお手元に修了証明書が届くまでの間は既存住宅状況調査技術者としての業務は行えないことになりますので、お早めに更新講習をご受講くださいますようお願いいたします。

※キャンセル及び受講日の変更についてはこちらをご確認ください。

講習に関するQ&A

なぜZOOMでライブ講習を受けなければならないのですか。他では24時間いつでも修了考査の解答ができる講習もあると聞きます。

当協会ではご受講者様に実務で求められる知識をご習得いただくため、動画の視聴だけではなく実際の会場に近い臨場感をもって講習を行っており、修了考査や実務で重要となるポイントを講師がライブで解説し、リアルタイムでの質疑応答も可能です。 さらに動画視聴の講習部分と修了考査の受験が分かれていることで、アクシデントによる修了考査のタイムアウト等の受験漏れを防止しています。またZOOMによる試験監督を行っているので万一、修了考査中にパソコントラブルがあっても専用の解答用紙を用いて解答の提出も可能となっているほか、後日あらためて修了考査のみの受験も可能としています。

更新講習の受講を検討していますが、WEBカメラは必要ですか。他の講習では更新講習ではWEBカメラが不要となっています。

当協会ではZOOMによる修了考査への直前対策を行い、修了考査の合格率の向上と実務において必要となる注意点などについて解説を行っております。またZOOMで試験監督を行っていますので、万一のインターネットトラブルにも係員による柔軟な対応が可能です。ご受講者様のパソコントラブル等による不用意な失格等を防ぐためにもZOOMにご参加いただくためのWEBカメラをご用意いただいております。

ハウインスペクター講習
について

当協会では「既存住宅の評価を担う人材を育成し、住宅インスペクションを通じわが国のすべての住宅に安心と安全をとどける。」の理念のもと既存住宅の評価に関する人材の育成を行っています。

ハウスインスペクターは既存住宅状況調査技術者のみが取得可能な資格で、当協会のハウスインスペクター講習をご受講いただいた方に、当協会独自の資格である「ハウスインスペクター」の認定をおこない、インスペクションに関する高い知識と実務能力を持つ技術者として当協会に登録します。

ハウスインスペクター講習の受講料及びハウスインスペクター登録料については、当協会の実施する既存住宅状況調査技術者講習をご受講いただいた場合、無料としております。

ぜひ当協会の既存住宅状況調査技術者講習をご受講ください。

※ハウスインスペクターの登録期間は既存住宅状況調査技術者の資格の有効期限と同一です。

※他の既存住宅状況調査技術者講習団体で既存住宅状況調査技術者としてご登録いただいている方でも、ハウインスペクター講習のみ単独でご受講いただくことが可能です。その場合、受講料13,200円(登録料含む/税込み)となります。

講習会申込みの準備

本インターネット申込みフォームの送信のためには、以下のデータが必要となります。
ご入力前に全てのデータをお揃えの上でご利用いただきますようお願いいたします。

お申込み用必須データについて

【新規講習・更新講習共通】
・証明写真データ(※jpgに限る 2MBまで。背景無地、推奨サイズ1MB以上)
<ご提出いただく証明写真について>
・建築士免許証または免許証明書画像データ(※pdf又はjpgに限る 3MBまで)
【新規講習のみ】
・顔写真付き本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカードの写真のある面)(※pdf又はjpgに限る 3MBまで)
【更新講習のみ】
・既存住宅状況調査技術者携帯型技術者証(顔写真付きのもの)の画像データ(※pdf又はjpgに限る 3MBまで)

※既存住宅状況調査技術者携帯型技術者証を紛失されているときは、既存住宅状況調査技術者講習修了証明書(様式第二号)と運転免許証(裏面とも)もしくはマイナンバーカード(顔写真付き)の画像データ


受講料のお支払いについて

新規講習(会場・オンラインとも)22,000円(税込み)
更新講習(会場・オンラインとも)16,500円(税込み)

※お申込みフォームの送信が正常に完了すると、お支払いサイトへのリンクが表示されますので、そちらからご決済ください。

お支払いは各種クレジットカード(手数料なし)、コンビニ決済(手数料130円)、銀行振り込みからお選びいただけます。

(領収書は受講票に添付してお送りしています。無記名にてお送りしていますのでプリントアウトのうえご記名いただきご使用ください。)

オンライン講習について

当会の既存住宅状況調査技術者講習<オンライン講習>では、受講される皆さまに会場にお越しいただくことなく、ご自宅や職場での受講を通じて既存住宅状況調査技術者の資格取得が可能です。

必要となる接続環境

インターネットに接続されたパソコン、タブレット・スマートフォンでの受講が可能です。つぎの受講環境のうち、いずれかの受講環境を確認してください。


<受講環境1>

・ウェブカメラとマイク機能を搭載(もしくは接続)し、インターネットに接続されたPCにより受講

<受講環境2>

・インターネットに接続されたPC(ウェブカメラ・マイク機能の無いもの)とタブレット又はスマートフォンを用いて受講

※パソコンにはwindows10が搭載されていることが必要です。

※インターネットブラウザはMicrosoft EdgeまたはChrome最新バージョンがインストールされている必要があります。

※インターネットライブ講習では通信量とバッテリーを多く使用しますので、WI-FI環境・充電環境の良いところでご受講くださいますようお願いいたします。

詳しくはオンライン講習についてをご覧ください。

その他のご案内

合否の結果について

当協会のホームページ上で合格発表を行います。
合格発表日はご受講いただく講習日によって異なりますので講習時のご案内をご確認ください。
また不合格の方には通知をさせていただきます。

既存住宅状況調査技術者名簿への掲示について

既存住宅状況調査技術者として登録されますと、当協会のホームページ上に以下の情報が掲示されます。
・氏名
・勤務先の名称、所在地及び電話番号
・修了証明書の証明書番号及び有効期間

なおこれらの掲示情報にご変更があった際には当協会まですみやかにご連絡ください。
(証明書の再発行には別途事務手数料が必要になります。)

受講に関するお問い合わせ

お電話によるお問い合わせ

ご相談受付時間 平日 午前10時~午後4時

※土日、祝祭日、年末年始(12月28日~1月5日)、夏期休暇(8月13日~8月16日)はお休みとさせていただきます。

026-217-3755

※おかけ間違えの無いようご注意願います。またご相談内容によっては後ほどおかけ直しのご対応とさせていただく場合がございます。

お電話によるお問い合わせにつきましては、お電話がつながりにくくなっておりますのでお問い合わせをいただく前に
Q&A よくあるご質問」をご確認くださいますようお願い申し上げます。

またテレワークを推進していますので、メールでのお問い合わせにご協力下さいますようお願い申し上げます。

メールによるお問い合わせ